loading ...
2011年06月16日

麦わらストローベイル製作

IMG_0539.JPG
6.16富山はとてもいい天気に恵まれました。
ストローベイル製作、日和です。
2年前に400個ストローベイル(稲わら)を製作をお手伝いいただいた、畜産農家Mさんご一家に、今年は「麦わら」のストローベイルをご一緒に製作していただきました。
畜産農家Mさんは、毎年40t近くの稲わらのストローベイル(ロール状)を全国の畜産農家に出荷しています。黒毛和牛を300頭近く飼育されています。

「稲わらは牛さんのごはん」「麦わらはストローベイルハウス」
製作時期も、稲わらストローベイル(コンパクト)なかなか難しく、人の手が必要!(Mさんご一家が忙しく・・・)
富山では、[麦わら]にシフトしていこうと思いました。
IMG_0541.JPG
サイズ900×350×450のベイルにしました。前回(稲わら)より10㎜短くしました。
建築の寸法や、いろんな展開を考えて決めました。
時期的にも、ベイルがすごく乾いていました。稲わらストローベイルと比べて、乾かす必要がなく、重さは半分。
(水分がほとんどない。すぐにでも建材として使えます。)
IMG_0536.JPG
麦と稲。
カイルさんいわく、断熱性能はほとんど変わらないそうです。
せっかく製作したので、日本では初めて、壁内環境のデーターを収集したいと思います。
左官材料との相性も調べていきたいと思います。
しかし、稲と違い硬さが全然違います。成分の違いもあると思います。触りごごちは、ナイロンのようですした。
個数は100個を目指していましたが、80個の製作になりました。

・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*
有機建築 左吉 代表 http://www.sakichi-k.jp/
日本ストローベイルハウス研究会
【一般法人】こども環境学会 会員 http://www.children-environment.org/
日本バウビオロギー研究所 会員 http://www.maebashi-it.ac.jp/~baubiologie/index.html
グランドプラザネットワーク 会員 http://www.grandplaza.jp/index.html
【提供・協力】日本大学 生物資源学科部 生物環境工学科 
      建築・地域共生デザイン研究室 http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~areds/
吉本 宏明
〒939-8063   富山県富山市小杉1538-17
tel/fax 076-429-6782
info@sakichi-k.jp

・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*


コメントを投稿

(スパム防止等のためコメントを表示する前に認証を行ないます。認証するまでコメントは表示されません。申し訳ありませんが認証が完了するまでお待ちください。)

トラックバック


有機建築左吉

〒930-0075 富山県富山市相生町2-22

[加工工場所在地] 〒930-0842 富山県富山市窪新町

TEL/FAX:076-456-3409

Copyright (C) 2011 SAKICHI. All Rights Reserved.